結婚式の節約術「招待状は手作りにする」

0

結婚式の費用、最近すごく高いんです。なぜだか、わかりますか。理由としては、ブライダル業界側と新郎新婦側の両方にあります。まずは業界側は、結婚式及び結婚をするカップルが減ってきているので、業績が下がってしまいます。そのため一組のカップルからできるだけ多くの収益を出す必要があります。そして夫婦側からは結婚式の形態が多様化し、オリジナリティ性を求めるようになりました。ホテルウェディングに多いパッケージプランは価格が安い代わりに出来る事は決まっていますが、ゲストハウス等には基本的にプランがなく、自分たちの思うような披露宴ができます。その代わりに割高です。


結婚式・披露宴費用は思いつくあたりでは、以下のとおりです。会場代、挙式代、食事代、引き出物代、引き菓子代、お車代、宿泊代(必要に応じて)、衣装代(お色直しをする場合は×2)、ブーケ代、装花代、ウェディングケーキ代、美容関係費(主に女性のみ)、ペーパーアイテム代(招待状、席次表、席札等)、プロデュース料。この中には削れる項目と削れない項目があります。例えば削れない項目は食事代、お車代、会場代、挙式代あたりですが、中でも削ってはいけないのはゲストの食事代です。せっかく時間を割いて出席いただいたのですから、おもてなしの食事代は最低限のラインを守るべきです。メインが鴨肉や鶏肉だとお金がかかっていないことがバレバレです。衣装代も削れないことはないですが、ウェディングドレスは女性にとって、一生に一度の晴れ舞台で着る憧れの的です。予算を優先しすぎて、不本意な衣装を着て後悔するのは少し悲しいです。私のおすすめの削りやすい項目はペーパーアイテムです。招待状はゲストの印象に残りにくく、手間はかかりますが節約できるポイントです。


会場で招待状作成を依頼すれば一通最低でも400円はします。これを市販の手作りキットを買ってきて自宅で印刷する方法にすれば250円程度に抑えることができます。今はネットショップでも可愛いデザインの招待状が沢山販売されていて選ぶのが大変なくらいです。もし、デザインをすることやパソコンが得意であれば、用紙だけ購入して一から自分で作る人も多いです。そうすればもっと節約できます。オリジナリティを求めるのであれば、世界にひとつだけの招待状を作ることができ費用を抑えることもできるので一石二鳥です。自分なりに予算を決めて、素敵な結婚式・披露宴を実現しましょう。