結婚式の招待状に関するマナーについて

結婚式の招待状の返信マナーにはどのようなものがあるのでしょうか。書き方、欠席の場合の返信など、気になることはたくさんありますが、いまいち分からないという方もいらっしゃるでしょう。まず、基本的なマナーから確認してみたいと思います。招待状を受け取ったら、返信は必ずハガキで送りましょう。招待状を受け取ってから結婚式当日までは、普通時間があるものですから、ハガキで必ず返信しましょう。忙しい方ですと返信も忘れてしまいがちですが、電話やメールで返事をするのは控えるようにしましょう。返信は1週間以内にしましょう。多くの招待状には、返信期限が指定されています。新郎新婦も結婚式の準備に忙しいでしょうし、席次の決定や引き出物や料理の手配などもありますので、招待状を受け取ったら2~3日以内、遅くとも一週間以内に返信しましょう。返信ハガキは必ず黒インクで書きましょう。万年筆か毛筆で書くのが正式とされていますが、ボールペンで書いても構いません。特にグレーは不祝儀の色となっているため、インクの色にも気を付けましょう。黒のインクで必ず書くようにします。知っておくと得するマナーとして、あえて句読点を使わないというマナーがあります。

お祝いごとには終止符を打たない、という意味合いがあるそうで、招待状には句読点が使われていません。返信ハガキにおいては大きく気にすることはないのですが、知っていると良いと思います。以上、基本的なマナーについて確認をしてきました。次に、欠席する場合のマナーについても確認してみましょう。招待状は事前に送られてきますが、どうしても外せない用事が入っている場合もあると思います。このような場合でも、あんまり早く返信をしてしまうのはいけません。最初から出席するつもりがなかったと受け取られてしまう場合があります。また、電話で事前に出席出来ない旨を報告をしましょう。その際にお祝いの言葉を添えるのも忘れないようにします。その後で少し期間をあけて返信ハガキを出すように心がけましょう。

欠席するときは、返信ハガキに簡単な欠席の理由を書かなければなりません。その時に、多忙や身内の病気・不幸などの理由は失礼に当たったり、せっかくの結婚式に水を差してしまうことになるので控えましょう。身内の病気や不幸を理由に欠席する場合は、理由は書かなくても構いません。欠席の理由とともにお詫びの言葉も忘れずに書きましょう。お祝いの言葉を一言添える際には、今ではインターネット上でも一言文例集がありますので、参考にしてみても良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.